IMG_9620

rag&bone Chester coat

2019/11/08

昨日ご紹介したチェスターの詳細を。

この写真をトップにしたのには訳がありまして

真ん中あたりに「rag&bone」のロゴがプリントされた平らな紐のようなものが見えますよね?

これ、実はゴムなんです。

なぜこんなところにゴムが?

その答えがこちら。
IMG_9621

ん?わからないって?

実はこの「わからない為のもの」というのが答えなんですよ。

実はこのコート。アクションプリーツ入りのチェスターコート。

アクションプリーツとはこれです。
IMG_9629

もっとわかりやすくするとこれです。
IMG_9630

そうなんです。
動作を楽にするために、袖の後ろの部分に作られたプリーツが付いてるんです。

そして動きによって機能を果たすプリーツの先端が、しっかり奥に引っ込むように取り付けられたのがこの「ゴム」なんですよ。

細めの綺麗なシルエットなのに、腕が動きやすい!そして動かした後も綺麗なシルエットを保つ。
アクションプリーツ x ゴムの組み合わせによって成される芸当です。

いいですねー!

でも実は

これも新しい技術じゃないんですよ。

新しいどころかものすごく古い技術。

ヴィンテージが好きな方で有名なのは「wrangler 111MJや11mjz」あたりのデニムジャケットでしょうか。
11MJZ-inside

この頃のデニムジャケットは大量生産主義だったのですが、こんな事をやってたんですね。ロデオベンおそるべし!

他にも無力的なディティールもあるし、素材なんかも本当に素晴らしいんですけど
ちょっと長くなりましたので、
あとは実物見に来てください。
IMG_9617
メチャクチャかっこいいチェスターなので
是非お試しいただければと思います。

¥45364+tax

こちらよりお買い求めいただけます