Camille_Tilda_2019photoproject_4

rag&boneは好き

2019/04/23

もう10年以上の付き合い
アドラーブルがオープンしてからずーっと取り扱ってる
「rag&bone」について

正直、メンズもウィメンズも
特別動きがいいブランドでもないんですよ。

でも今の所やめる気ゼロのブランドなんです。

私は「Vintage」というものが昔から好きでなのはご承知の通りかと思いますが、
世の中には「Vintage」を感じるブランドは、そりゃもう多いですよ。特にメンズは。

でも素材感が忠実になればなるほど
ディティールも忠実になるブランドが多い。

簡単に例えると60年代のデニムの生地を忠実に再現すると
形や仕様まで60年代のそれを再現するブランドが多いということ。

レプリカっぽいというんでしょうか。

でもこれって
「おー、スゴイな」って思っても「いいな!面白いな!かっこいいな!」にはならないんですよね。

本物を見たことあるし、着た事あるし、真新しさはないですよね。

でもrag&boneって
うちで働いてくれたスタッフもみんな好きだったようにポップさもあるし
メンズもウィメンズもどこか「Sexy」

特にウィメンズなんて
これほどうまくVintageとTrendが融合してるブランドって中々ないと思うんですよ。

「この素材をこういう風に落とし込んだんだ!」とか「このディティールをこうやって使うんだ!」とか
「このアイテムをこういうコーディネートにするんだ!」とか。
テーラリングももちろん
服を作ってる側からすると、見てて面白いし中々真似できないブランドだと思うんです。

ただ定価では中々買えないブランドだと思うし
若い人よりも中年が似合うし(価格帯的にも当たり前ですが)
ガリガリに細い人よりも
程よく肉のついた男らしい、または女らしい体型の方が似合うブランドでもあります。

お客様と一緒に年を取ることが許される個人経営のアドラーブルでは
これからが主要になってくるブランドなのは間違いありません。

そんなrag&bone
いい商品が多数入荷しますので、ご期待ください!

David_2019photoproject_2