IMG_20170104_033251_1

実は2月は買い物が多い月?

2018/02/01

まだ新年会という名の飲み会も残っている中、早いもので今日から2月です。

恒例の年末年始の出張に続き、中旬にもアメリカに行ったので
時差ボケに弱い体質に拍車がかかり、帰国後10日が経とうとしているのに全く時差ボケが治っておりません。

さてこの時期毎年感じる事があるのですが
みなさん2月に買うモノってなんでしょうか?

ファッション業界で働いている人や、ファッションに敏感な人にとって
実は2月は買い物が多い月になります。
販売員はお店が春仕様になってくるため、お店で着る服を買ったり
春に使える最終セール品、売れ残っている欲しかった最終セール品を買ったり
「さすがに3月には春物を…」の思いから、まずは寒くてもすぐに使えるバッグや靴などを新調したりします。

なぜなら、3月に一気に春仕様になって、急いで揃えようとすると最初の一品に困ったり、何を買えばいいかわからなかったり、あれもこれも買おうと思っても予算が足りなかったり。
はたまた既にオススメの春アウターが完売してしまって買えなかったり。
あれよあれよと4月になり服がない!という事になるんですよね。

そこでアドラーブル流「この時期の買い物」のワンポイントアドバイスを。

この時期になると販売員にも春に入荷するアイテムが伝わってくる頃ですので、まずは信頼しているショップでどんなスペシャルアイテムが入荷するのか、今季はどんな商品構成になるか、どんなスタイルを提案するのか等を聞いてみるといいかも。
さらにそのスタイルに合わせられる新作バッグや靴、お得なセール品などを聞き出す事もできると思います。

うちのような小さな洋服屋でも密に打ち合わせをしているところは、コンセプトとなるイメージやスタイルは販売員と意思疎通ができています。
一緒に自分に合ったスタイルを考えてみたり、「今季は殻を破ってちょっと変えてみようかな」なんて話すだけでも楽しいのではないでしょうか?

よってアドラーブル流ワンポイントアドバイスは「信頼しているショップの販売員を使う!」という事。
シーズンの変わり目のこの時期こそ販売員の差が出る時期。いい販売員と接していると、話すだけでも春スタイルのイメージが膨らんできてワクワクすると思いますよ。

え?私?
私はバイヤーですので悪しからず。